読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外旅行初心者のインド(ムンバイ、コルカタ)滞在記

GoogleAdsenseやAmazon アフィリエイトを用いたお小遣い稼ぎを目的にしつつ。海外旅行にもあまり行ったことがなく、一人旅なんてもってのほかだった筆者(まっつん)がインドに滞在することになったので、日々起きたことや何か有益な情報を残せたら…と思っていたら只の趣味日記になりつつあります。

デリー アグラ(タージマハル) 2泊3日旅行~3日目 デリーお別れ編~

こんにちは、まっつんです(定番文句にしたい)

毎回日記のリンク貼ってましたが、カテゴリ整理しましたので、そこに全部入ってます。 ご連絡でした。

いよいよ最終日なのです。 デリー内部の観光は、昼間にやりたいと思っていたので、最終日に持ってくることにしてました。

定番コースといえば定番みたいな感じかもしれませんが、書き綴ってまいります。

とりあえず、インド門(インディアンゲート)に行こうと。今日の目的は、あとガンディーの家とオールドデリーです。

リキシャを捕まえて、乗っけてもらい、乗ってから値段交渉。

運転手:100ルピーでイイヨ。今日は他にどこ行くの?

まつん:んー。特に決めていないんだ

運転手:それだったら観光センターに行こう。そこでまた貸切リキシャもいるからさ!さぁ行こう!!

~明らかにインド門の方向じゃない方面へ向かい出す~

まつん:へいへい。いらないから。インド門行ってよ

運転手:絶対に観光センター行くべきだ。ほらもう向かっているから

まつん:止めろ

運転手:え??

まつん:インド門以外に着いた時にしか金払わねぇからな

運転手:あ・・・

まつん:ここで良いから止めろ

運転手:Okay...

親切心かどうかはわかりませんが、余計なお世話です。 こういうときはきっぱり言うしかないと自分なりに考えています。

本当に親切で言ってくれているケースもあるみたいです。 むしろインドではそういう方が多いかもってのも聞いたことあります。

でもまぁ、キリがないので汗

ということで、別のリキシャ捕まえてインド門ちゃんと行ってくれるか確認して、移動開始です。

インド門周辺の公園の、車両が行ける限界まで行ってもらって、そこからは歩きです。

Walkingイベントをやっているみたいで、同じフラグをつけた人がたくさんいました。

WOLK FOR HEALTH。良いイベントですね!公園もすごくキレイで、自分もデリー在住だったら参加したかったです。  Walk for Health - Max Bupa  

ってか。公園の真ん中あたりにいるのですが、視界と歩いている人たちとインド門の縮尺が合いません笑。 インド門でかいな…。

まぁ自分らも健康のためだと思い、歩きます。公園も気持ちいい感じです。着きます。でかい!

観光客も地元の人も、たくさんいますね。写真撮って売ってあげるよって親切な方々もたくさんいます。

見て回って、公園少し歩いて。慰霊碑なんですよね。故人の名前もたくさん刻んであります。

そこら辺のチャイ飲んで。

次は、首相官邸に行こうと決めました。まっすぐ行くだけです。2kmちょい。

遠いわ!!いくら公園良い感じでも遠いわ!!!

ということで少し歩いて、またリキシャ捕まえて。

運転手:今日はその後どうすんの?

まつん:ここらへん見て回る

運転手:だったらガンディー記念館とロディガーデンあたりかな。ガンディー公園も行ったほうが良いかな

まつん:あー。とりあえず首相官邸よろ。

運転手:もちろんだよ。でもその後のことも考えておいたほうが良いだろ。どうだい。

まつん:とりあえず行こう

これ、あれだな…。この後もずっと付いてくるやつだな。どうしよ。ま、いっか。適当なところでばいばいしよ。

ということで、言われるがままに、ガンディーの家とロディガーデンとを回る。どちらも良い場所です。行くべきです。

運転手:そろそろ飯行く?

まつん:良いね

ウチラの中での疑問。この人、一緒の食卓で飯食ったりしないだろうな…笑

運転手:いい店知ってるよ

まつん:いくらくらい?

運転手:400ルピーくらいかな。1人

まつん:んー。まぁ良いか

で、連れて行ってもらいました。運転手さんは一緒には入りませんでした。笑 しかし、店の人とコンタクトした感じもない。てっきり連れてきたフィーをもらうのかと思っていたのに。

謎です。ただの良い人なのか??

ご飯も普通においしかったです。値段も言われたくらいで。

お店を出る。おっちゃん見当たらない。これ…そのまま別のリキシャで逃げられるな(ここまで金払っていない)

さすがに心が痛み、逆に近辺を探してみたら、リキシャの中で寝てました笑 起こして、移動開始。

オールドデリー行きたいって行ってみる。ここからそこそこ遠いです。 でもオッケーしてくれました。遠すぎるから、レッドフォートにしました。あんまり距離は変わらないけども。

運転手:どうだい。みんなハッピーかい!?

んー。チップ含めて料金求めてきそうだ。

到着。

運転手:6,000ルピーね

いやいやいや。さすがに高すぎるわ!!!チャーター半日借りられるわ!!!

まつん:600

運転手:は?それは無理でしょ。みんなハッピーなんでしょ?

まつん:・・・900

運転手:生活があるんだ。家族もいる

友人A:おれも家族がいる。900

そういう問題か?

運転手:無理だよ

友人B:1,200ね!!ほら、これで!!

お。強引策。

運転手:あー。チップは?

友人B:含んでいるよ!!ハッピーだからね!!

ちょっとかわいそうな気もしてくる。

まぁ仕方ない。 それでバイバイしました。あっちもまぁ怒ったり困ったりはしていない感じでしたし。

あとは、レッドフォート混みすぎで中入れず、オールドデリーうろうろして、友人Bが急に腹壊して、そこらへんのホテルのトイレ借りて(紙が無くて新聞でふいたらしい)、自分らのホテル帰って休憩して、荷物抱えて空港へ。またメトロです。

こんな感じでデリーからおさらば。良い街でした。こっち滞在のほうが良いな。 いろいろあるし、自然も割と多いし、食事や飲み屋も多い。

うーん。オフィス移転しないかな笑

広告を非表示にする