読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外旅行初心者のインド(ムンバイ、コルカタ)滞在記

GoogleAdsenseやAmazon アフィリエイトを用いたお小遣い稼ぎを目的にしつつ。海外旅行にもあまり行ったことがなく、一人旅なんてもってのほかだった筆者(まっつん)がインドに滞在することになったので、日々起きたことや何か有益な情報を残せたら…と思っていたら只の趣味日記になりつつあります。

Uberについて(インド、コルカタ)

インド生活 インド生活-便利

こんばんは、まっつんです。

いつもなら仕事の合間を縫って記事を書いたりしているのですが、今日は体調不良で仕事もブログもその他も進まないという一日でした…。仕事自体もなんだかイマイチ。

今回はインドに来てから大活躍のUberについて、まずはUberそのものの概要と良いなと感じるところを説明したいと思います。 また別の記事で、使い方と自分なりに感じた注意点なんかを書いていきます。

http://cdn.techjuice.pk/wp-content/uploads/2015/11/25958_11_06_uber_story_south58f.jpg

Uberって何?

Wikipediaより抜粋

Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界58カ国・地域の300都市で展開している。

特徴としては、一般的なタクシーの配車に加え、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みを構築している点で、顧客が運転手を評価すると同時に、運転手も顧客を評価する「相互評価」を実施している。世界では、タクシーにおいて「領収書を発行しない」「タクシーメーターを倒さず、法外な料金を請求しボッタクる」といった問題が多く起こっていることから、これらの問題を回避し、さらに車両オーナーにとって「簡単な小遣い稼ぎ」ができる点が受けている。

Uberの良いところ

クルマを呼ぶことができる(配車リクエスト)

そもそも、運転手も乗客もスマートフォン上のAPLを利用しています。 スマートフォンGPS機能により、乗客から近い位置にいる運転手をピックアップして、繋げてくれます。

日本で配車をタクシー会社にお願いすると配車料みたいなものが乗っていたりしますが、そんなこともありません。

また、運転手がこちらに向かっている間も、相手の位置が確認可能なので、あとどれくらいで着くのか、などもわかります。

出発地と目的地を運転手と事前に確認してから出発できる

お互いにAPLを介して同じ地図を見ていますので、目的地の認識が合っているのか、を確認することができます。

もし地図で指定した場所を異なる場所に連れて行かれたら、それを基に苦情を挙げて運賃の返却を請求することができるようです。(私はそんな経験ありませんが…)

料金が明瞭であり、運転手と料金交渉しなくていい

料金表はAPL側で定められております。地域により異なりますが、距離と時間を基に計算されます。

地域によっては、料金メーターを載せていないタクシーがあったり、メーターがいじられたりしてしまうこともあると思います。そんなこと発生し得ないです。

あとは乗車か降車時に料金の交渉をするケースも海外では多いと思いますが、そんな必要もないですね。

普通にタクシーに乗るより、かなり安い(ことが多い)

インドでは、かなり安いって感じています。

空港からホテルまでの料金で言うと。 普通にタクシー乗った人は1,000円~2,000円くらいかかったって言っていました。 私がUberを使ったときは、500円弱でしたね。

先日15km、30分の乗車で300円弱だったかな。タクシーだと500円くらいは取られるんじゃないかなって思います。

まぁ、もともとインドのタクシー安いんですけどね笑

事前にクレジットカードを登録することでキャッシュレスで支払いができる

細かいお金が無いとタクシーの支払いではお釣りがないとか言われることもあります。 カードが使えるタクシーなんて見たことありません…。

Uberは事前に情報登録しておけば、その乗車をクロージングすることで、自動決済してくれます。 え、これでもう降りていいの?って不安になるくらいです。

キレイな車がほとんど(インドのみ?)

タクシーとかリキシャは正直キレイじゃない車が多いなって感じを受けています。

Uberで来てくれる車は、革張りのシートですね。インドであること考えるとそこそこキレイです。 飲んだことはありませんが、ペットボトルの水が配置してあったりもします。

…飲んだことはありません笑

良いことづくめですね!!そんなUberの使い方と注意したほうが良いことなんかを次はまとめていこうと思います。

ここまで見て、とりあえず登録して使ってみようかなって人は、以下URLからどうぞ。自分からの紹介扱いになります。

https://www.uber.com/invite/tb61byddue

広告を非表示にする