海外旅行初心者のインド(ムンバイ、コルカタ)滞在記

GoogleAdsenseやAmazon アフィリエイトを用いたお小遣い稼ぎを目的にしつつ。海外旅行にもあまり行ったことがなく、一人旅なんてもってのほかだった筆者(まっつん)がインドに滞在することになったので、日々起きたことや何か有益な情報を残せたら…と思っていたら只の趣味日記になりつつあります。

デリー アグラ(タージマハル) 2泊3日旅行~3日目 コルカタ帰還後のおまけ~

こんにちは、まっつんです!!

前回の日記でデリー及びアグラに関する内容は完了しました。 ですが、コルカタ戻ってきてからも一悶着あったため、そのご紹介をさせていただこうと思います。

http://shinhakken-blog.up.n.seesaa.net/shinhakken-blog/image/uber-300x168.jpg?d=a1

皆さん、Uberってご存知でしょうか?

前の日記でも少し書かせていただいたのですが、要は配車アプリです。具体的な登録とか使い方はまた今後書きますね。

もし知っていて、とりあえず使ってみようかなという方がいれば、他人の招待で登録すると初乗りがタダ(金額によっては割引)になりますので、ぜひ私のアカウントから。

私も無料乗車がいただけますので。

https://www.uber.com/invite/tb61byddue

空港からホテルまでの移動

そんなUberを使おうというのは当初から決めていたことでした。

正直、普通にタクシー捕まえて乗る場合と比べて半額から四分の一くらいまで安いです。(インドでは)

なので、Uber使って、クルマの手配をしました。

英語のできないドライバー

まぁよくあることです。 とはいえ、地名はお互いにわかりますし、そもそもUberで呼ぶ際に場所を指定してますし。

乗り込んで、さぁ行こうと思ったらなんか叫んでます。ヒンディー語だかベンガル語だかはおはようもありがとうもわかりません。

なんか地図を指してます。

 まつん:Follor the route

 現地人:$&#@*◇+ !!!!

わかんねぇって。

そんなときの対応策

  • 近くにいる現地の人(英語可)を捕まえます。
  • 会話してもらいます。通訳してもらいます。
  • 3割くらいの確率で、その人の英語も意味不明なことがあります。

どーしよ笑

捕まえた人が、携帯を貸してくれって言うので、貸してみました。

頑張って聞いた結果

  • 我々はホテルに向かえと言った
  • 地図が指している場所がホテルではない
  • いや、確かにホテルの目の前のバラックだけどさ
  • 良いから向かえって言ったのに

らしいです。 行き先の入力内容を少し直したら、ドライバーは、にこにこになりました。

なんなんだろ…。

車内での会話

運転手:道合っているかい!?

まつん:Ok,Ok. Follow the route(2回目)

運転手:Yeah!!! Follow me!!!!

うるせぇ笑

まぁ悪い人ではない。運転自体も丁寧ですし。

ホテル着

まつん:じゃ、ありがと。(クレジット払いにしているので、自動精算)

運転手:ルピー、プリーーーーズ!!!

まつん:ん?チップ?チップは払わないよ、ごめんね。

運転手:ノーーチップ!!プリーーーーズ!!!

まつん:は?何が欲しいの?

運転手:ペーーーイ!!!!

金払えって言ってる?クレジットで自動的に入るって。

そんなときの対応策

  • 近くにいるホテルマンを捕まえます。
  • 会話してもらいます。通訳してもらいます。

結論、Uberは使っているが、クレジット払いが初めての経験と思われます。

私の携帯の画面を見せて、空港の駐車場代と乗車賃がレシートとして出ていることを伝えます。 英語を理解してもらえないので、金額、わたし、払った。あなた、受け取ったとかの単語つなげて説明。

10分くらい戦って、なんか理解したような顔をしたので、とりあえず降りたら去っていきました。

空港のやり取り含めたら30分以上無駄にしました。旅行帰りで疲れていたのに…。

やっぱり金払ったことが理解できておらず、根に持って待ち伏せとかされてたら嫌だなって思い、それから数日間はドキドキしながらホテルを出てました笑。

まぁお互いにとって便利なものなのですが、やはり異国では何があるかわからないって感じですね。

広告を非表示にする