読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外旅行初心者のインド(ムンバイ、コルカタ)滞在記

GoogleAdsenseやAmazon アフィリエイトを用いたお小遣い稼ぎを目的にしつつ。海外旅行にもあまり行ったことがなく、一人旅なんてもってのほかだった筆者(まっつん)がインドに滞在することになったので、日々起きたことや何か有益な情報を残せたら…と思っていたら只の趣味日記になりつつあります。

デリー アグラ(タージマハル) 2泊3日旅行~2日目 アグラ(タージマハル)編~

おはようございます、まっつんです!

はい、日本はもうお昼ですよね。知ってます。

こっちに来て3週間経ちましたが、英語はほんの少し聞き取れるようになってきた気がします。  #そもそもそんなレベルで恐縮です。

さて少し間空きましたが、アグラ(タージマハル)へ行ってきたお話です。

本当は列車を予約して行きたかったのですが、直前に思い立った旅行ということもあり、予約がいっぱいで席を取れませんでした。

なので、現地の日本人向け旅行会社とコンタクトを取り、クルマを手配していただきました。

 ★「シゲタトラベル」さん、お世話になりました。色々と無理言ってすみませんでした。

シゲタトラベルさんの宣言みたいになりますが、このクルマの手配はネットで見た限り一番やすかったです。 他だと1人あたり10,000円前後取ってきますが、シゲタトラベルさんは通常は1台8,000ルピー(ざっくり15,000JPY)でした。あとExchangeも街中の交換所より全然レート良かったです。

皆さん、インド旅行(特にデリーメイン)の際にはぜひ!!  #マージンとか宣伝料とかはいただいてないです

さて、話を戻しまして、朝7時にホテルまでクルマに来ていただいて、ゴー!! 高速道路を使って、だいたい3時間半くらいでアグラに到着です。

途中、サービスエリアに寄って朝食。観光客でごった返してました。笑

アグラエリアに到着して、びっくりしたのが、デリーやコルカタなんて比じゃないくらいに動物がたくさんいました。

野良犬、牛、猫くらいはどこにでもいると思っていますが、野良豚、猿、リスあたりがアグラにはいました。特に猿はすごいたくさんいましたね!!

あれだけいたら、色々悪さされるんじゃないかって思ってしまいますが、人も猿もお互いに普通な感じでした。きっと追い出したりしないで、お互いに自然な関係なんでしょう。

私は怖かったです。

土曜日ということもあって、かなりアグラ着いてからの道路は混んでいました。 渋滞がてらドライバーさんがタージマハルへの持ち物について色々教えてくれました。 詳しい情報は、ちゃんと他のブログやサイトをご確認ください!!

  •  持って入って良いものは、お金(財布)、パスポートと一部電子機器のみ
  •  電子機器は携帯電話、カメラだけ持って行って良い。    →モバイルバッテリー、モバイルwifiなんかはダメ。セルフィー(自撮り棒)はOK
  •  タバコ、ライターはダメ。(私は吸いませんが)
  •  確認していませんが、公園とかあるので、お弁当持ってピクニックとかしたい

ということで、割と厳しい感じです。入場する際にチェックがあるので、従っておいたほうが良いでしょう。

(確か)西門の近くで降ろしてもらい、集合時間等も確認して一旦バイバイ。 週末でかなり混んでいるので、2時間くらいかかるだろうとのこと。結果、ほぼピッタリ2時間かかりました。

西門からそこそこ歩いて入場門を目指します。それなりに歩くため、移動手段がたくさん用意されて(待ち構えて)います。

リキシャ、リキシャの大きいやつ、ラクダがカゴ引っ張るやつ…。

次から次へと声をかけてきますので、歩きたい人は全無視、乗りたい人はさっさと乗ったほうが良いでしょう。

緑もあって、歩いても乗ってもそれなりに気持ちいいと思います。

次は入場チケットを買います。 外国人は700だか750ルピーだかです。インドを協定を結んでいる近しい国の人は510ルピーだったかな。旅券での証明が必要です。

インド人はすっごくやすかったです。これでもかってくらい。

日本もそうしたら良いのにって思いました。

ここでチケット買う際にも声をかけてくる人がたくさんいます。 園内でのガイドみたいですね。数千ルピー単位とのこと。高い。

ガイドはお願いしないにしても、色々教えてくれます。外国人向けのチケット窓口教えてもらいました。

買った後、皆さん気をつけてください。

窓口の左端で、水とタージマハル入る際に着用必須な靴カバーをもらえます。(チケット代に含まれています)

靴カバーが無いと、ハダシで入ることになるので、忘れずに受け取りましょう。

そこそこ文章書いたなぁと思ったものの、まだチケット買っただけですね…。

チケット買ったら、入場ゲートから入ります。ここでもご注意ください。

外国人チケットの人は、専用レーンがあります。

めっちゃ混んでるなぁ…と萎えるのですが、専用レーンだとそこまで時間かかりません。

外国人チケットは高い金払っているし、滅多に来れないからという配慮だと私は感じました。素晴らしいですね。

定番のボディチェックを受けて、入場です。

また少し歩くと大きな門が見えてきまして、その先にタージマハルがあります!!

門の手前から見えるタージマハル

門を出て開けたところで見るタージマハル

セルフィで自分とともにうつるタージマハル

どれも素敵です。タージマハル自体も良いのですが、周辺の緑もキレイで、心あらわれます。

良いスポットにはカメラマンが大量にいますので、携帯なりカメラなりを渡してみんなで撮ってもらいましょう。 彼らのカメラで撮った最高のショットいるかい?って言われますが、そこは皆さんのご判断でどうぞ。私はそういうのは遠慮するタイプです。

…逆に、ここから先書くことがない。

園内歩いて、タージマハルの中入って、タージマハルの奥にある河見て。

あっ。 タージマハルの中に入る際も、外国人チケットは有効です。 現地チケットの場合は、タージマハル半周するくらいの行列に並んで入場しますが、外国人チケットなら、さっと入れます。

ツアーとかの時間制限もあるから、という配慮だと感じました。素敵です。

タージマハル建物内は写真ダメですよ。みんな撮ってますけど。撮ると警備員が笛ならしますが、それ以上のことはないっぽいです。

私の友人は「お前、2枚目撮っただろ!?」っていう1枚はOKなのかっていうことを言われていました。

中のお墓を背景にして写真撮っている人たちもいましたが…。 そこは私はあんまり同感できません。お墓ですからね。日本人ならでは?私ならでは?

お帰りの際も、色々な声かけあります。お気をつけ下さい。 主に、お土産ですね。タージマハルが入ったスノードームが100ルピーとかでした。買っても良いかなって一瞬思いました。が、荷物増やしたくなかったので、やめておきました。 あとキーホルダーとかも売ってきてましたね。

お昼ごはんを近くの食堂で食べて、ドライバーと合流し、アグラ城(Arga Fort)へ。

城っていうよりも、要塞ですね。Fortですし。1時間くらいで見て回れます。

ここの見どころは、アグラ城から河を挟んで見える、タージマハルです! これもなかなかに尊い感じで良いです。写真にすると、その感情がまったく伝わってきません。構図とか下手なんです。。。

あとリスと触れ合えます。餌くれて、手に乗っけさせてくれたり。

*現地の動物はどんな病気を持っているのかわからないため、ご注意ください!!

*あと、餌とかのサービス後にチップを求められます!そりゃそうか。

ここも土産売りが多かったですね。鞭とか売ってました。いらないですね。

終えて、クルマに乗ってまた3時間半。18時くらいにデリーのホテルに着いたかなって感じでした。

暑い中歩いて疲れたので、帰りのクルマは爆睡してました。。。

広告を非表示にする